インディアカとは?ルール紹介

スポーツで生活を豊かに

インディアカとは?老若男女が楽しめるインディアカのルールを紹介!

悩んでいるあなた
インディアカって?どんなルール?何が必要? 今度のイベントでやりたいんだけど子供やお年寄りにも出来る?

そんな悩みを解決します

 

この記事の内容

  • インディアカとは(動画あり)
  • インディアカの基本ルールは?
  • インディアカの詳しいルールは?
  • インディアカに必要な物はこれだけ!
  • インディアカのルールをアレンジしてみんなで楽しもう!
  • インディアカ 役に立つおまけ情報

 

 

実はインディアカは子供や高齢の方にも人気のスポーツ

 

世界的に見ると日本のインディアカ普及率は世界トップクラスなんです

 

インディアカはルールが簡単で、必要な道具も少ないのでイベントで盛り上がること間違いなし

 

この記事にはインディアカのルールやアレンジ方法など老若男女が楽しむための情報が詰まってます

 

そのためこれを読めばインディアカについて理解でき、イベントで沢山の方を楽しませることができますよ

 

インディアカとは?

インディアカとは?

 

インディアカとは羽根つきのボールを手で打ち合うドイツ発祥のスポーツです

 

「バトミントンとバレーボール」を融合させたような競技ですが、イメージをつかむためにこちらの動画をご覧ください

 

 

レクにおすすめの理由

  • 男女混合で出来る
  • ルール説明が簡単
  • バトミントンのコートを使える
  • ルールのアレンジが簡単

 

インディアカの基本ルールは?

インディアカの基本ルールは?

 

レクリエーションとしてインディアカを楽しむために必要な基本ルールを紹介します

 

コート

 

6.10m×13.40m

バトミントンと同じサイズ

 

学校やスポーツセンターの体育館にはバトミントン用の線が書いてあることも多いので簡単に準備が出来ます

 

ネットの高さ

 

男子:215㎝

シニア男女混合・女子:200㎝

シニア女子:185㎝

 

レクリエーションとして子供やシニアの方が多いときは160㎝などに変更してもOK!

 

人数

 

4~5人(日本では4人が多い

 

男女混合では女子が2人以上コート内にいることが必須条件です

 

ボール(羽根)

 

「インディアカ」と呼ばれる専用の羽根つきのボールを使います

 

ネットでも2,000円~3,000円で購入可能!

 

 

タッチ回数

 

インディアカは片手の肘より先のみ使用可能です

 

バレーボール同様3回以内に相手側のコートに返せたらOK

 

ただし、ボールを繋ぐ間にネットに当たったときは特別に4回目も触われます

 

勝敗のつけ方

 

1セット21点の3セットマッチ(2セット先取)

 

20対20になったときは先に2連続で得点したチームの勝ち

 

どんなときにポイントが入る?

 

  1. 相手のコートにボールが落ちた
  2. 相手が3回以内に返せなかった
  3. 相手が両手打ちした
  4. 相手がボールを掴んだ、持った
  5. 同じ人が2回連続で触る(ネットに当たったあとはOK)
  6. 相手が肘より先以外を使った

 

サーブ

 

サーブはコートの1番後ろのラインから行います

 

バレーボールのアンダーサーブと同じように下から叩いて飛ばすのが主流です

 

ネットに当たったら相手の得点ですが、レクリエーションのときはやり直しでもOK!

 

インディアカの詳しいルールは?

インディアカの詳しいルールは?

 

インディアカは基本ルールだけでも試合が出来ますが、さらに競技性を高めたいときのために詳しいルールも紹介します

 

ポジション

 

前衛3人、後衛1人

 

バレーボール同様にローテーションも行います

(サーブ権を得たときに時計回りに1つズレる)

 

アタック

 

アタックは前衛の3人のみ可能です

 

後衛は自陣の真ん中のラインより後ろからのバックアタックならOK!

 

ブロック

 

前衛の3人のみが相手のアタックを両手でブロック出来ます

 

また、ブロックはタッチ回数にカウントしないので、残り3回タッチ可能!

 

インディアカに必要なものはこれだけ!

インディアカに必要なものはこれだけ!

 

インディアカに必要なものはこちら

  • インディアカボール
  • ネット(代用OK)
  • ネット用ポール(代用OK)
  • 得点板(代用OK)

 

インディアカはボール以外はバトミントンやバレーボールのネットで代用できます

 

事前準備が簡単なのもインディアカの魅力!

 

 

インディアカのルールをアレンジしてみんなで楽しもう!

インディアカのルールをアレンジしてみんなで楽しもう!

 

インディアカはルールを簡単にアレンジできます!

 

参加する人、人数に合わせてルールを変えてみんなで楽しみましょう!

 

ネットを下げる

 

ネットの高さを下げることによって初心者でもラリーが続きやすくなります

 

子供やシニアの初心者が多いときは160~170㎝くらいからスタートしてみるといいかもしれません

 

勝利条件を簡単にする

 

参加人数が多い場合は勝利条件を簡単にして、より多くの人に楽しんでもらいましょう

 

例えば1セット15点の1セットマッチにして試合数を多くするのもアリ

 

少し短めで「もっとやりたい!」と思うくらいの方が次回のイベントにもつながります

 

アタックなし

 

最初はアタックなしでラリーを続けることに集中するのもOK!

 

ラリーが続けば続くほど盛り上がります

 

慣れてきたらアタックありにするとプレーの幅が広がって面白いですよ

 

ポジションなし

 

ローテーションなど難しいルールは混乱のもとになります

 

ポジションの概念をなくして自分の近くに来たボールをとることに集中した方が簡単です

 

人数を増やす

 

ラリーがなかなか続かないときは人数を5人に増やしてみましょう

 

1人あたりの仕事量が減るのでラリーが続きやすくなります

 

また、参加人数が多いときの解決策としてもGOOD!

 

インディアカ 役に立つおまけ情報

インディアカ 役に立つおまけ情報

 

その他にもインディアカやイベントに役立つ情報を紹介します!

 

同じような人数で出来るスポーツ

キンボール

 

キンボールとは3チームで大きなボールを落とさずにつなぐスポーツ

 

床にボールを落としたチーム以外の2チームにポイントが入り、より多くのポイントを取ったチームの勝利!

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

キンボールとは?

 

名前を覚えるコツ

 

地域でイベントをするときに苦労するのが参加者の名前を覚えること

 

初めての方が多い場所などに役立つ「名前を覚えるコツ」を紹介します!

 

名前を覚えるコツ

  • 同じ苗字の知り合いや有名人を思い浮かべる
    「織田さんか。。織田信長と同じだ。」
  • 頭の中で復唱しながらその人の特徴を見つける
    「織田さん、織田さん・・・目が大きい織田さん、目が大きい織田さん・・・」
  • 珍しい名字だったら由来を聞いてみる
    「~~さんって珍しいですね。どんな由来があるんですか?へー○○県に多い名前なんですね」

 

イベントのチラシをお得に印刷

 

イベント用にチラシやポスターを印刷するときは激安ネット印刷「ラクスル」がおすすめ!

 

1枚1.1円~印刷可能で最短で即日に発送されます

 

より多くの人にインディアカを楽しんでもらうためにもチラシやポスターを活用しましょう!

 

 

インディアカまとめ

まとめ

 

日本でも徐々に普及してきているインディアカについて紹介しました

 

ぜひイベントなどで皆さんと楽しんでくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました

 

他にもスポーツ関連情報を発信しているのでもし良かったら覗いていってください!

スポーツ情報はコチラ

-スポーツで生活を豊かに

Copyright© リキスポ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.