サッカー

ファン・ダイクのプレースタイル 世界最高峰のCBと呼ばれる理由

悩んでいるあなた

ファン・ダイクって何がスゴイの?

どんなプレーをするの?

そんな悩みを解決します!

 

この記事の内容

・ファンダイクのプロフィール

・ファンダイクの経歴

・ファンダイクのプレースタイル

 

この記事を書いたひと

リキ
当ブログ「リキスポ」の運営者のリキは10年以上のサッカー経験を持ち、サッカー指導者としても活動しています

 

2018-19シーズンにCLを制覇し19-20シーズンもプレミアリーグを独走するリヴァプールの守備を支えるファン・ダイク

 

「史上最高のCB」とも称され、DFとして初めてUEFA年間最優秀選手を獲得したファンダイクの強さに迫ります

 

ファン・ダイクのプロフィール

 

フィルヒル・ファン・ダイク (リヴァプール #4)

 

国籍:オランダ

生年月日:1991/7/8

身長/体重:193cm/92kg

ポジション:DF

利き足:右

 

ファン・ダイクの経歴

ファン・ダイクの経歴

 

クラブ歴

 

  チーム 出場 得点
2011-2013 FCフローニンゲン(オランダ) 62 7
2013-2015 セルティック(スコットランド) 76 9
2015-2017 サウサンプトン(イングランド) 67 4
2018- リヴァプール(イングランド) 52 4

※出場・得点は国内リーグのデータです

 

代表歴

 

  チーム 出場 得点
2011 オランダU-19
2011-2013 オランダU-21
2015- オランダ 28

 

ファン・ダイクのプレースタイル

ファン・ダイクのプレースタイル

 

ファンダイクのここがスゴイ!

  • 強靭なフィジカル・優れた身体能力
  • 空中戦の高さ・強さ・巧さ
  • 対人守備の巧さ
  • 相手のプレーの予測とそれによるポジショニング

 

強靭なフィジカル・優れた身体能力

 

ファン・ダイクは193cm92kgという強靭なフィジカルをしており相手FWとの競り合いはほとんど負け知らず

 

見かけだけでなく身体能力も高く、メッシのように素早くてテクニックのあるFWに対する守備にも安定感があります

 

空中戦の高さ・強さ・巧さ

 

強靭なフィジカルと高い身体能力を持っているだけでも空中戦の強さは相当なもの

 

ファン・ダイクはそれに加えてポジション取りも上手い!

 

 

例えばCKからファン・ダイクがヘディングで得点したシーン

 

  1. 中央からニアに1、2歩走る
  2. コースを変えてDFを剥がす
  3. ゴール前のポジションをキープ[巧さ]
  4. ボールが来るタイミングでDFを前に押し出す [強さ]
  5. 一歩下がって(ボールに合わせて)ジャンプしてシュート [高さ]

 

DFながらこの動きが出来るのは流石としか言いようがありません

 

もちろん守備の時にもこの強さで立ちはだかります

 

そして何よりもポジション取りの巧さが世界最高峰!

 

対人守備の巧さ

 

ファン・ダイクといえば対人守備の巧さ

 

「18-19シーズンは50試合で1度も対人で抜かれなかった」という記録を持っています

 

ファン・ダイクは相手に合わせて柔軟に対応し相手のプレーの選択肢を減らすのが抜群に上手いです

 

相手が速い選手なのか、テクニックのある選手なのか、フィジカルを使って戦う選手なのか

 

それを認識して臨機応変に対応したポジション取りが出来る巧さを持っています

 

相手のプレーの予測とそれによるポジショニング

 

ファン・ダイクは1対1だけでなくインターセプトや裏のスペースのケアも上手い!

 

クロップ体制のリヴァプールはとにかく前からの組織的な守備が得意です

 

そのため本来であればMFとDFの間のスペースやDFの後ろのスペースが空いてしまいます

 

しかし、ファンダイクはスペースをケアしたり、相手のプレーへの予測してそれをカバー

 

世界最高のCBの所以はこのような「サッカーIQ」の高さにあるのかもしれませんね

 

目指すはバロンドール

目指すはバロンドール

 

個人的に今後のファン・ダイクに期待してるのはバロンドール獲得です

 

メッシ、クリロナ時代を終わらせるのがCBってめちゃくちゃカッコいいですよね!

 

クロップ監督やチームメイトからの信頼も厚いので大きな怪我には気を付けてほしいところです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

-サッカー
-,

Copyright© リキスポ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.