メリット・デメリット

筋トレ

筋トレのデメリットを知っていますか?【ウワサの真相を解明】

この記事で解決できるお悩み

筋トレにデメリットってあるの?
ハゲるとか寿命が縮むって聞いたけどホント?

 

結論から言うと、筋トレにはデメリットがあります

 

しかし、根拠のないウワサがデメリットとして広まっているのも事実

 

そのためこの記事では、ウワサの真相を解明し、筋トレの本当のデメリットを紹介します

 

ウワサを聞いて筋トレをするか迷ってしまったというあなたは、ぜひ最後まで読んでみてください

 

筋トレのデメリットになるウワサの真相

筋トレのデメリットになるウワサの真相

 

筋トレには偏見もあり、根拠のないウワサが出回っています

 

まずは、そのウワサの真相を解明していきましょう

 

  1. ハゲる
  2. 身長が縮む
  3. 寿命が縮む
  4. 筋肉は使えない

 

筋トレをするとハゲる

 

結論、筋トレをするとハゲるというウワサは嘘

 

毛髪に関する専門クリニックのスーパースカルプ発毛センターの公式サイトにはこのように書かれています

 

適度な筋トレは体に良い影響を与えます。
特に有酸素運動は、血中に遊離しているテストステロンの分泌量を減少させる他に、気分転換効果・ストレス発散・更には血流促進と発毛に良い事尽くめです。

引用:スーパースカルプ発毛センター

 

では、なぜこのようなウワサが出回っているのでしょうか

 

それは、筋トレのやり方を間違えると薄毛の原因になる可能性がゼロではないから

 

  • 筋トレ後に栄養補給(十分な食事)をしないと不健康になる
  • 過剰なトレーニングやサプリメントの過剰摂取で不健康になる

→不健康なことが薄毛の原因に
→筋トレのせいだと勘違いしてしまう

 

基本的に筋トレは健康にもよく、アンチエイジングにも効果的です

 

しかし、過度なダイエットやサプリメントの過剰摂取など不健康な生活をしていると、逆効果になってしまいます

 

明らかに不健康な生活をしていない限り、筋トレは薄毛対策にも効果的です

 

筋トレをすると身長が縮む

 

結論、筋トレをすると身長が縮むというウワサは嘘

 

整形外科のWebサイトにはこのように書かれています

 

適度な負荷で無理なく行えばむしろ成長の役に立ちます。
なぜならウェイトトレーニングは骨に対して縦方向の圧をかける運動なので、骨の成長に必要な刺激にあたるからです。
(中略)
子どもの場合、大人よりもまだ骨や関節が弱いためあまりに重いウェイトを使ってしまうと骨の変形や関節などを傷める可能性が高い

引用:西新宿整形外科クリニック

 

すでに成長が止まっている大人が筋トレをして、身長が縮むことはないので安心してください

 

むしろ筋トレをして姿勢を改善することで、身長が高く見えるようになる可能性もありますよ

 

筋トレをすると寿命が縮む

 

結論、筋トレをすると寿命が縮むというウワサは嘘

 

筋トレは健康にも効果的で、習慣的に運動をすることで長寿につながります

 

筋肉=骨格筋は「第二の心臓」というほど重要
(中略)
筋量が少ない心不全患者ほど寿命が短いことが報告されています

引用:あさぶハート・内科クリニック

 

では、なぜ筋トレは寿命が縮むと言われているのでしょうか

 

それは、厳しい生活をしているボディビルダーに短命の方がいたから

 

過度な食事制限やサプリメントの過剰摂取が短命の原因ではないかと言われています

 

しかし、ボディビルダーの寿命に対する研究結果はないので、ただの悪いウワサだという認識でOKです

 

健康にいきていくためには習慣的に筋トレをしましょう!

 

筋トレでつけた筋肉は使えない

 

筋トレでつけた筋肉は使えないというウワサは半分嘘で半分本当

 

というのも、あなたがアスリートか一般人かで変わるから

 

野球選手の場合

  • 野球の練習でつけた筋肉は"使える"
  • サッカーの練習でつけた筋肉は"使えない"

 

アスリートの場合は競技に関係ない筋肉をつけても意味がありません

 

一方、一般人が筋肉を使う場面を考えてみてください

  • 歩く
  • 立ち上がる
  • 持ち上げる

 

日常生活では筋トレでつけた筋肉を使えます

 

「使えない筋肉をつけて何になるの?」と言う人も多いのも事実

 

しかし、その人達は筋トレのメリットを知りません

 

若い頃から習慣的に運動をしていなかったせいで、将来は腰が曲がってしまったり、立ち上がるので精一杯になってしまうでしょう

 

少し言い過ぎましたが、「筋トレの筋肉は使えない」は偏見や妬みでしかないので、気にしなくてOKです

 

むしろいつまでも元気に生きていくために「使える」ので、胸を張って筋トレをしましょう!

 

【体験談】筋トレにはデメリットがある

【体験談】筋トレにはデメリットがある

 

ここからは僕が筋トレをしていて感じるデメリットを紹介します

 

ウワサとは違い、実体験にもとづいた話なので、参考にしてみてください

 

  1. お金がかかる
  2. ケガのリスクがある
  3. とにかく疲れる
  4. 周りからの偏見がある(とくに女性)
  5. 筋トレを極めるために犠牲にすることがある

 

筋トレはお金がかかる

 

筋トレをすると何かとお金がかかります

 

  • ジムの会員費 約10,000円/月
  • サプリメント 約5,000円/月~
  • 運動着 1着約5,000円~
  • 靴 1着約5,000円~
  • 間食 約3,000円/月~
  • 家での筋トレ器具 10,000円~

 

使うお金には個人差があります

 

他の趣味や生活費に影響があるので、金銭的にみるとデメリットと感じるかもしれません

 

家で筋トレすれば無料だけど

 

家で筋トレをすれば金銭面はクリアできるでしょう

 

しかし、家での筋トレにもデメリットがあります

 

  • 誘惑が多い
  • やる気がでない
  • 負荷がかけにくい

 

僕自身、コロナの影響でずっと家で筋トレしているものの、ジムに比べて物足らない感じがしています

 

筋トレはケガのリスクがある

 

筋トレは鍛えたい筋肉に負荷をかけるのが目的

 

やり方が間違っていると変な負荷がかかりケガの原因になってしまいます

 

そのため、正しいフォームを意識することが大切です

 

また、筋肉のバランスが崩れると腰痛などの原因になるので、1ヶ所だけ集中して鍛えるのは避けましょう

 

筋トレはとにかく疲れる

 

筋トレはとにかく疲れます

 

午前中に筋トレをした日の昼過ぎの睡魔はヤバい・・・

 

疲れがたまると免疫力も下がるので、筋トレをするなら休息のとり方も工夫しましょう

 

リキ
疲れて夜にぐっすり眠れる点ではメリットとも言えますね

 

関連記事筋トレ×昼寝=最強で最高なあなた 大企業が昼寝を取り入れているワケ

 

周りからの偏見がある(とくに女性)

 

筋トレに偏見のある女性は多いです

 

最近も女性タレントが「スポーツ選手でもないのに使わない筋肉つけて何になるの?」と発言をして炎上していました

 

しかし、実は筋トレはモテ要素であることが、数多くの研究で明らかになっています

 

カリフォルニア大学が286人の女性を対象に行った「CGで作られた男性の体型のうちどの体型が魅力的か」という調査では以下のような結果が出ました

1位 マッチョ
2位 細マッチョ
3位 ゴリマッチョ
4位 普通
5位 ガリガリ
6位 ぽっちゃり

 

この結果から女性は男性の筋肉を魅力的に感じていることが分かります

 

偏見はあるものの、筋肉はモテ要素になるので安心してください

 

関連記事【研究結果あり】モテたい大学生が筋トレをするべき7つの理由

 

筋トレを極めるために犠牲にすることがある

 

筋トレを極めてゴリマッチョになるには、いろいろなことを犠牲にしないといけません

  1. 着られる服が減る
  2. 食べられるものが減る
  3. トレーニング以外にも勉強が必要

 

リキ
僕はまだここまでのレベルに達していないので、友人の体験談をもとに紹介します!

 

着られる服が減る

 

身体が大きくなると着られる服が減ってしまいます

 

Yシャツのボタンが飛んだり、スラックスのおしりが破れたり・・・

 

スーツはオーダーメイドじゃないと着られないという方もいるようです

 

ただ、筋肉が大きくなると自分自体がカッコよくなるので、普通のTシャツ1枚でもオシャレに見えることも!

 

食べられるものが減る

 

筋トレを極めるなら食生活もストイックにする必要があります

 

たとえば、スイーツやジャンクフードなどは食べられません

 

栄養素を意識した食生活が重要になるので、飲食店でのメニュー選びも我慢が必要になることも

 

食べるのが大好きなのであれば、厳しい生活になるかもしれません

 

トレーニング以外にも勉強が必要

 

筋肉を成長させるには勉強が必要です

 

最初のうちは適当に鍛えていても成長するものの、ある程度まで成長すると鍛えたい筋肉にピンポイントで負荷をかけないとなかなか成長しません

 

栄養を不足することなく摂取することも重要です

 

そのため、筋トレをしている時間だけでなく、他の時間も使って勉強をする必要があります

 

メモ

  • 筋肉の仕組み
  • 効果的なトレーニング法
  • 筋肉が成長するメカニズム
  • 栄養素
  • 休息のとり方 など

 

筋トレ以外にも趣味と両立するのは難しいかもしれません

 

筋トレの7つのメリット

筋トレの7つのメリット

 

筋トレにはデメリットがあるのも事実

 

しかし、それ以上にメリットが多いことが、筋トレが人気の理由です

 

ここからは筋トレのメリットを解説します

 

  1. 【大前提】健康になる
  2. 【身体面】痩せやすい身体になる
  3. 【身体面】見た目が良くなる
  4. 【精神面】自分に自信がもてるようになる
  5. 【精神面】ストレス発散になる
  6. 【生活面】モテホルモンが分泌される
  7. 【生活面】勉強や仕事の効率が高まる

 

【大前提】健康になる

 

大前提として、筋トレは健康になります

 

運動をよく行っている者は、総死亡、虚血性心疾患、高血圧、糖尿病、肥満、骨粗鬆症、結腸がんなどの罹患率や死亡率が低いこと、また、身体活動や運動が、メンタルヘルスや生活の質の改善に効果をもたらすことが認められている
引用:厚生労働省

 

身体的にも精神的にも良い効果があると厚生労働省も認めているので、これだけでも筋トレをする意味がありますよね

 

また、筋トレをすると血流が良くなるので、冷え性や肩こりなどの身近な悩みも改善されますよ

 

【身体面】痩せやすい身体になる

 

痩せやすく、太りにくい身体になるには基礎代謝を高めることが重要です

 

メモ

基礎代謝とは日常生活で消費するエネルギーのこと

 

基礎代謝を高めるには、筋トレが効果バツグン!

 

筋肉が増えれば基礎代謝量が増えますので、肥満の改善にはよく筋トレがすすめられます

引用:厚生労働省

 

筋肉は消費するエネルギーが多いので、筋肉を増やすことでさらに多くのエネルギーが消費できるようになります

 

「結果にコミット」で有名なライザップも基礎代謝に着目したダイエットプログラムを提供していますよ

 

減量と共に筋肉量の増加を目指し、同時に減量後の体重あたりの基礎代謝量の向上を目指します。

引用:ライザップ

 

基礎代謝は加齢によって低下していくので、筋トレをして老いに対抗しましょう!

 

関連記事RIZAPは「痩せない」ウワサがあるのに人気がある7つの理由

 

【身体面】見た目が良くなる

 

筋トレをすると見違えるほど見た目が良くなります

 

  • 筋肉がついて姿勢が良くなる
  • 筋肉がついてたくましく見える
  • 運動(筋トレ)によって肌がキレイになる

 

見た目がよくなると女性からモテるだけでなく、仕事でもメリットがあります

 

なぜなら、人間の第一印象は55%が視覚情報で決まるから(メラビアンの法則)

 

つまり、見た目が良いと第一印象がよくなり、その後の人間関係もスムーズにいくようになります

 

【精神面】自分に自信がもてるようになる

 

筋トレをすると自分に自信が持てるようになります

 

なぜなら、筋トレは自分で目標(メニュー)を作り、ツラい思いをして目標をクリアしていくため、「やれば出来る」という自己肯定感が得られるから

 

自信が持てるようになると精神的な余裕が生まれ、仕事やプライベートでの人間関係も円滑になります

 

筋トレは努力の成果が自分の身体にそのまま出るので、自分のことを好きになれますよ!

 

【精神面】ストレス発散になる

 

運動には「気晴らし効果」というものがあり、ストレス発散やメンタルケアに効果があります

 

また、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌も促進されるのも筋トレのメリット

 

運動をしてスッキリするという主観的なメリットだけでなく、筋トレの精神への効果は科学的にも証明されています

 

毎日楽しく過ごすためにも筋トレをしましょう!

 

【生活面】モテホルモンが分泌される

 

筋トレをするとテストステロンというホルモンが分泌されます

 

テストステロンは男性にとってとても大切なホルモンで、身体や脳の機能に作用し仕事や日常生活に影響を与えます

 

  1. 性欲を上げる
  2. 記憶力・集中力を上げる
  3. モチベーションのアップ
  4. 筋肉量アップと維持
  5. 生活習慣病の予防、健康増進
  6. 精神を安定に保つ
  7. アンチエイジング効果

引用:Dクリニック東京メンズ

 

また、アメリカの研究機関によるとテストステロンを注射したオスのマウスに、メスのマウスが寄ってきたそうです

 

人間の女性も本能的にテストステロンに惹きつけられているのかもしれません

 

【生活面】勉強や仕事の効率が高まる

 

筋トレは勉強や仕事にもいい効果をもたらします

 

なぜなら、脳の働きを助ける脳内物質が分泌されるから

 

  • セロトニン:「幸せホルモン」精神の安定、直感力・アイディア力の向上
  • ドーパミン:幸福物質。モチベーションの向上
  • ノルアドレナリン:集中力や学習能力が向上

 

筋トレは健康になるだけでなく、仕事の効率も高める良いことだらけの趣味ですよ

 

関連記事こちらがサラリーマンが筋トレをすることで解決できる悩み一覧です

 

初心者のための筋トレ講座

初心者のための筋トレ講座

 

最後に初心者のための筋トレ情報を紹介します

 

それぞれについて詳しくは関連記事に書いてあるので、気になったものがあれば関連記事に移動してみてください

 

ジムでの筋トレ

 

結論から言うと、筋トレをするならジムにいくべきです

 

なぜなら、家での筋トレにはデメリットがある一方、ジムでの筋トレにはメリットが多いから

 

ジム
メリットトレーニング設備が揃っている
初心者でも正しいフォームでトレーニングできる
トレーニングだけに集中できる
いつでもトレーニングできる
お金がかからない
デメリット高い
人目が気になる
負荷がかけづらい
成果を出しづらい
テレビなどの誘惑が多い

 

とくにパーソナルジムでは、プロのトレーナーと1対1で筋トレできるので、効果がググッと上昇します

 

民営のジムやパーソナルジムが金銭的に難しければ、市営ジムがおすすめ

 

市営ジムなら1回400円ほどで利用できますよ

 

効果的に筋トレをするためにはジムに通いましょう!

 

リキ
今現在は感染症の影響もあり、家で筋トレしてます!

 

関連記事【永久保存版】ジムに初めて1人で行く前に読んでおきたい完全ガイド

 

家での筋トレ

 

家での筋トレには3種類の方法があります

 

  1. 自重トレーニング
  2. ダンベルを購入
  3. オンラインフィットネス

 

自重トレーニング

 

自重トレーニングとは自分の体重で行う筋トレのこと

 

腹筋や腕立てが自重トレーニングに含まれます

 

 

自重トレーニングのメリットはお金がかからないこと

 

しかし、効果は低いので、成長するのに時間がかかります

 

ダンベルを購入

 

家で1番効果的にトレーニングするには、ダンベルなどのトレーニング器具を買うのがおすすめ

 

ダンベル:約20,000円

トレーニングベンチ:約10,000円

ヨガマット:約1,000円

腹筋ローラー:約2,000円

プッシュアップバー:約2,000円

 

なぜなら、家にいながらジムと同等のトレーニングができるから

 

初期費用はかかるものの、ジムに通うことに比べたら安く済ませられます

 

しかし、場所をとるので、部屋に余裕がない場合は難しいかもしれません

 

ダンベル自重トレーニング
メリット家でも本格的なトレーニングが出来る
長期的に見たらジムより安い
1円もかからない
場所をとらない
デメリット場所をとるちゃんと負荷をかけるのが難しい

 

オンラインフィットネス

 

オンラインフィットネスとは家にいながらトレーナーの指導が受けられるサービスのこと

 

ジムに行く必要がないのが便利なポイントです

 

しかし、運動は女性・初心者向けがメイン

 

筋肉を大きくしたい人は対象外になってしまいます

 

鍛えたいというより運動不足を解消したいという目的で筋トレをしたいなら、おすすめのサービスです

 

関連記事おすすめのオンラインフィットネス

 

筋トレを楽しむためのロードマップ

 

筋トレは継続するのがとても難しいです

 

アメリカの調査では1年間のジム継続率がわずか4%であることが分かりました

 

そのため、最初からストイックにトレーニングするのではなく、まずは筋トレのある生活に慣れることが重要です

 

筋トレを楽しむためのロードマップを参考に、まずは3ヶ月続けることを第一優先に考えてみてください

 

  • STEP1:バカバカしいほど簡単なことをする
  • STEP2:慣れてきたらメニューを少しずつレベルアップしよう
  • STEP3:さあ、本格的に鍛え始めよう
  • STEP4:本格的な筋トレを継続しよう
  • STEP5:筋トレに夢中になりすぎないようにしよう

 

関連記事あなたが筋トレを楽しいと思えるようになるまでのロードマップ

 

筋トレにはデメリットがある。でも、メリットのほうが多い

筋トレにはデメリットがある。でも、メリットのほうが多い

 

筋トレにはデメリットもあるものの、メリットに比べたら些細なもの

 

どうしてもデメリットを見逃せないという場合を除いて、筋トレはした方がいいです

 

筋トレのデメリット

  1. お金がかかる
  2. ケガのリスクがある
  3. とにかく疲れる
  4. 周りからの偏見がある(とくに女性)
  5. 筋トレを極めるために犠牲にすることがある

 

筋トレのメリット

  1. 【大前提】健康になる
  2. 【身体面】痩せやすい身体になる
  3. 【身体面】見た目が良くなる
  4. 【精神面】自分に自信がもてるようになる
  5. 【精神面】ストレス発散になる
  6. 【生活面】モテホルモンが分泌される
  7. 【生活面】勉強や仕事の効率が高まる

 

もしデメリットが気になるのなら、筋トレではなく、ヨガなどの運動をためしてみてください

 

運動をして健康的に生きていきましょう!

 

-筋トレ
-

© 2021 リキスポ Powered by AFFINGER5